自分のノウハウを共有する

ライフハック
Pocket

こんにちは。ノブです。先日、生まれて初めての経験をしました。「自分の文章に値段をつけて買ってもらう」ということです。内容は、「普段私がどのように生活をしているか」という当たり前に行っている事を文書化しただけのもの。( アクセスはコチラからどうぞ。 )

今回はその背景~結果と、そこから考えたことについてです。

スポンサーリンク

話のいきさつ

今回、文章を販売してみようと思い立ったのは以下のやり取りでした。

確かに私は、他人の目を気にしないマイペース路線を爆走しており、他の人とは違う生活スタイルであることは自覚しています。マイペース生活を送る理由は「家族との時間を最大化したいから」という一見ワガママにも取れるようなもの。ニーズがあるとは思っていなかったので少し驚きでした。

つまり、「こんな私の生活を知りたい!という方がいるなら試しに公開してみようかな」程度の軽い気持ちがきっかけとなりました。

文章公開について

今回私が利用したのは”note“です。数多くあるブログサービスと同様に、文章や画像、メディアのアップロードが可能ですが、「自分のコンテンツに価格をつけて販売も可能」という点が特徴的です。

①文章を作成
②無料で読める範囲や価格を設定
③公開
④twitterで更新報告

という、工程としては②以外は普段のブログ投稿と変わらない作業でしたが、意識は大きく違いました。

普段のブログは私の趣味でやっているモノ。お金を得る目的は強くありません。皆さんには時間を使って読んでもらっていますが、サイフは直接痛みません。

ただし、公開するnote記事は「読者からお金を頂いて買ってもらうもの」です。たとえ数百円とはいえ、”買って損した”とか”他のことに使えばよかった”という感想を抱かせてしまっては申し訳ないです。(あくまでも私の感覚ですが)

となると、半端な内容や、具体性に欠けるモノは出したくありません。この生活スタイルを採用している背景から丁寧に説明し、全身全霊で私のノウハウを詰め込んだ内容にしよう!と決意して記事を書き始めました。

これがいけなかったのです。

「通勤途中の電車でチラッと確認」みたいに、気軽に読める内容量じゃないんです。

自分でも最終的に表示された文字カウントが2万を超えていて引きました。しかもオフの時間はぶっ通しでこの作業をしていたため、他のタスクや勉強に支障が出るというオマケ付き。noteに記載した生活スタイルを自ら壊していくことになるとは…。

ただ、集中して打ち込めたのでちょうど1週間で完成しました。自分が自信を持っていることならこんなにもスラスラ書けるのか!というのも今回の発見の1つです。

最大の山場

公開に当たり、今回一番悩んだのは価格の設定でした。ニーズがあるか不明なので最初はお試し価格で!ということは前もって宣言していましたが、自分で何かの値段を考えて売ったことなどありません。

ちなみに本の売買にしか利用していないメルカリ出品時は、考えるのが億劫なのでシステム側から提案される価格そのままにしてます。まして今回は実体が無いデータと言っても良いもの。いくらが適正な価格なのか分かりません。

お試し価格だし、ニーズあるか分からないし、100文字1円で200円で!とよく分からない計算をし、

「200円ならジャンプ1回我慢すればお釣りが来るし」

と自分に謎の言い訳をした上で公開しました。ニーズがあるなら正式価格はワンコインで500円。これも適切なのかどうか不明ですが勢いです。文章を書くより価格の設定が一番決断を求められる作業でした。何事も初めての経験は迷いが生じますね。

どのくらい読んでもらえたのか

「21時(子供の就寝時刻、つまり作業できるギリギリの時間)まではお試し価格」と宣言し、あとは野となれ山となれと外出。全然売れなくたって良いんです。ニーズが無かったら妻との備忘録にするという 言い訳 大義名分を用意してある私に、死角はありません。

で、20時半ごろ確認してみるとなんとアクセス数200、かつ17件も販売履歴が。え!?200円とはいえ、こんなに読んでもらえてるの?せいぜい5〜6件かと思っていたのでびっくり。意外とニーズがあるのですね…!

21時に価格を設定し直し、twitterで皆さまに感謝&報告。感想をつぶやいて下さる方々のおかげでかなり拡散されていました。

個人の活動宣伝がこんなふうに広まるとは、SNSの力を再認識したしだいです。

ここまで公開して良いのか分かりませんが、このブログ記事を作成している時点で11,500円もの売上を記録しています。皆さま、本当にありがとうございました。

今回の教訓

本件から学んだことは2つあります。

①自分の慣れ親しんだ(強みを発揮できる)内容は生産性が高い
まさか自分でもこんなに膨らむとは思っていなかったほど濃密な内容になりました。しかも文章作成時にはほとんど”何を書くか悩む”という瞬間がなく、非常に高い生産性を発揮できました。

よくよく考えてみると、(今となっては当たり前の毎日ですが、)仕事、家事、育児、勉強などのタスクフローは、私&妻が生活する中で思考錯誤した結果出来上がった生活スタイルです。

中身には確信がありますし、何故そうしているか、どこで買えるアイテムなのか、どうやって構築した方法なのか背景までバッチリ説明できます。自分で身を持って体験した&していることですから。

それを言葉に起こすだけ。これは容易にできて当たり前ですね。毎日やってることを、そのまま書くだけです。サラッと自分の中から出てきてくれました。

つまり、
自分が当たり前にやっている(慣れ親しんだ)ことは自分の強みになり得る。
そして、それを元にした活動は生産性が高い

という事です。

②自分のノウハウを伝える対象を定める
2つ目は、誰に向けて書くものなのか意識する、という事です。ちょうどnote記事を公開した後に流れてきたツイートになるほどな、と納得しました。

今回のnoteは結果的に約5年前の私にターゲットをあてた内容になっています。上の子が生まれ、生活スタイルを模索し、悩んでいた頃の自分には知りたい情報が満載。何しろ生活スタイルを構築するのに5年もかかりましたから。(当たり前ですが)

なので、このような種類の記事は過去の自分が「お金を払ってでも知りたい!」と思えるような物を公開するスタイルが良いのでは、と感じました。そう考えると、就活、キャリア、生活習慣、勉強方法、海外生活などのtipsが狙い目ですね。というか、私が言うまでもなくその種の参考になる記事は人気が高いですよね。

まとめと宣伝

というわけで、「自分のノウハウを共有」することでマネタイズする貴重な経験をさせてもらいました。

更に今回は自分の生活を見直し、まとめる良い機会となりました。原稿作成段階から妻にはチェックしてもらっていたのですが、お互いこんな事をしていたのだなぁ、と再確認できたのも良かったです。

また、自分の強みを容易にお金に買える事が可能な時代なのだと改めて実感しました。自分も何かを始めてみたい、と考えている方はぜひチャレンジしてみてください。自分の考えをまとめ、さらに学びも得られるチャンスです。私も他に何かできないか考えながら生活する楽しみが増えました。

という背景から生まれたnote記事は以下のリンクからどうぞ!序盤部分は無料で読むことが可能です!(宣伝)

→共働き育児攻略/note

ノブ

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オフレポ
会いたかった方々とのオフ会

こんにちは、ノブです。最近プライベートでも仕事でも大忙しで、久しぶりの更新です。 昨日、大変刺激的な …

オフレポ
ドクコミュオフを開催!

こんにちは、ノブです。先日、遂に博士&博士課程コミュニティの第1回オフ会を開催してきました。今回はそ …

研究
「CRISPR」感想と考えたこと

こんにちは、ノブです。本日は最近読んだ本の感想と、科学者の考えるべき問題についてです。読んだ本は「C …