情報収集を加速&パワーアップするために

勉強
Pocket

こんにちは、ノブです。先日の記事でも書いた通り、現在Pythonを自己学習中です。

最近、学習方法で悩んでいたので思いきってSNSに投げてみた所、予想以上に得られるものがありました。今回の件から学んだことについてまとめます。

スポンサーリンク

情報収集力の重要性

「問題を解決する1番の方法は、解決できる人を連れてくることだ」と以前の記事に書きました。実はこれは普段皆さんも意識しないでやっていることで、最たるものはネット検索です。

「分からないなら分かってる人に聞けばいい=解説サイトを探せばいい」ということです。その積み重ねがネット上の知恵として蓄積されているわけです。

科学もニュートン曰く「巨人の肩の上に立つ」つまりは、分からないことは先人の知恵を拝借することで進歩を続けてきました。新しく物事を解き明かした記録として科学者は論文を発表し、他の科学者はその論文を元に新しい研究を行う。このサイクルは科学そのものです。

そのため、目的の情報を正確・迅速に集める能力は科学者に(だけでなく情報化社会を生きる人間に)とって非常に重要です。仕事のできる人はこの能力が高い印象があります。

悩みをSNSにぶつけてみよう

今回、私が悩んでいたのは自分の勉強法でした。参考書を買って勉強してはいるのですが、実務に生かせる実感が沸いていなかったのです。相談できる人も身近にいなかったので、朝イチで思いきってtwitterでつぶやいてみました。

本当は半分諦めていたのですが、結構多くの人に見ていただけたようで、昼前には返信が来ていました。

1つ目は大学の研究室で実際に用いられている課題&解答例です。
正に私が求めていたレベルの題材です。素晴らしい。

2つ目は実体験に基づく貴重なご意見。やはりある程度OJTでレベルアップする必要があると分かります。たいへん参考になります。ユーザ会、調べてみたらほんの数日前に終わっていました。次回はぜひ行ってみたい・・・!

そして、夕方にはもう1つ返信が。

こちらは過去に行われた勉強会(件のユーザ会)で実際に用いられた資料です。これも大変参考になります。

まさか1日経たないうちにこんなに有益な&参考になる情報が寄せられ、ビックリした次第です。特にSNSの持つ力に驚きました。

情報収集力アップのために求められること

今回の件で学んだことは、SNSで適切な行動をすることで情報収集力がアップすることです。必要なのは恐らく2つの要因。

1:適切な質問をすること
質問する際には、共感を得られるように具体的&分かりやすい表現が重要です。

今回は悩みが分かりやすかったことと、「ケミストがケモインフォ」という言葉がイメージをつかみやすかったことが良かったのではないかと思います。

2:適切な相手と繋がっていること
今回の話題がケモインフォマティクスに興味のある方々の目に止まらなければ、今回の質問が拡散され、多くの方に見ていただくことは無かったでしょう。「化学」や「インフォマティクス」、「Python」というキーワードに反応する方々と以前からつながりを持っていたことが決定的なポイントでした。

普段から共通の話題で対話できる適切な相手との繋がりを保ち、「ゆるいコミュニティ」を形成しておくことは貴方にとって非常に大きな財産となります。

そのためには普段から気になる情報を共有したり、意見を発信し続けることが重要です。今回のケースでいうと、率直な疑問を投げ掛けたり、それに答えたりすることです。

うまく使いこなせば、SNSは非常に強力なツールとなります。皆さんもぜひ意識して使ってみましょう。

ノブ

スポンサーリンク

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


キャリアプラン
化学者の仕事とは

こんにちは、ノブです。以前記事にしましたが、新しい組織を作るメドが(自分の中で)立ってきました。今回 …

ライフハック
科学っぽい情報をどのようにとらえるか

先日、妻から聞かれました。 「ご飯食べると早死にするの?」 なんだ?と思いましたが、発端はこのニュー …

化学
感動した機器達

こんにちは、ノブです。新年度が始まり、慌ただしい毎日で更新が滞っております。4月から新しい環境で仕事 …